家具付き賃貸マンションについて

賃貸かマイホームか?
最近人気を集めている賃貸マンションがあります。それは、家具付きの賃貸マンションであります。これは、予め生活するのに必要な最低限の家具が設置されている賃貸マンションでありますので、入居したらすぐに使うことができるため、非常に利便性を持ち合わせた物件であるため、人気が高いのです。

この家具付き賃貸マンションには、貸主も借主にもメリットがあるのです。貸主からみれば、最初から家具を設置することで付加価値を付けることができるため、その分賃料を高めに設定することが可能になります。また、家具付き賃貸マンションは借主からの需要が高いために、入居率が高まります。さらには、税制面でも優遇されます。家具というのは、耐用年数がだいたい5年から6年と比較的短いので減価償却を考えた際に短期間で行うことができるので、その分経費を計上できるため節税に繋がります。

一方、借主側にも家具付き賃貸マンションはメリットがあります。それは、入居したその日からすぐに生活ができます。また、初めから家具が付いているので入居時はもちろん、退去時にも引越しが楽になりますし、運搬する物が少なくなりますのでその分費用も節約することができるというメリットがあります。以上のように家具付き賃貸マンションは、貸主にも借主にも双方にメリットがあるのです。

Copyright (C)2017賃貸かマイホームか?.All rights reserved.