賃貸の修繕についての問題の対策

賃貸かマイホームか?
賃貸のトラブルとして、傷や汚れの問題があると思います。自分の不注意でもし、傷を付けてしまったり、汚れをつけてしまったならば、それは仕方無いと思います。修繕費を請求されても、仕方無いと諦めなければなりません。ただ、最近のトラブルの一つとしては、入居前に関係の無い傷や、汚れの修繕費を請求されてしまうトラブルが非常に多くなっていると思います。部屋に人が住んで生活をする訳ですから、どうしても、傷んでしまうのは仕方無いかもしれません。そこで、この傷やよごれは修繕費として、敷金から退去時に支払われる形になると思います。ただ、ここで問題になって来るのは、どれぐらいの範囲ならば、原状回復の義務に当てはまってしまうのかという部分ではないでしょうか。その部分でどうしても、入居者と貸主の間でトラブルになる事が多いのではないでしょうか。やはり人が付けた傷まで、自分が直さなければならないのは納得出来ませんよね。それはとても問題でしょう。

このようなトラブルを防ぐ為には、貸主の同意を取り付けてきちんと、部屋の状態を文章や、写真などで、残すことが重要だと思います。そして、国土交通省から出されている原状回復をめぐるガイドラインを読んでおくとよいでしょう。

Copyright (C)2017賃貸かマイホームか?.All rights reserved.