賃貸のいいところをポジティブに考える

賃貸かマイホームか?
私は、これまでは一軒家に住むのがお得で、あるべき姿だとおもっていました。しかし最近、身の回りの家もちの方が、家を売ろうとしても中々売れずに困った話や、相続税の大変さ、または修繕費の大変さを教えてくれるにつれ、段々と、一軒家持ち家派から、かわりつつあります。賃貸というと、これまではいくら家賃を払っても自分のものにならないので、興味がなかったのですが、そういったマイナス点を考えるよりも、メリットについて考える事を優先させて、考慮してみました。すると、これが案外沢山メリットがあるのです。

例えば、持ち家の一軒家では味わえない、賃貸のメリットは、家賃が年1度、上がることもあるけれど、下がる事もある、ということです。物価や周囲の環境や相場などによって「高い!」とクレームすると、場合によってはお値段据え置きになったり、安くなったりします。そしてもし交渉が決裂したら、「他に引越す」というお気軽さがあります。また契約満期になって、もっと住みたければ住めばいいし、他に住んでみた楽なったら、気軽に次の所に済めるという、いろんな家が体験できるというメリットもあります。近所の人間関係や騒音などのトラブルになっても、引越してしまえば簡単解決です。将来老後はきっと施設にいくでしょうから、ずっと賃貸に住むわけでもないので、そう考えると、郊外の一軒家よりも、都心部おマンションやアパートの賃貸に住んだ方が気楽かもしれないですね。

Copyright (C)2017賃貸かマイホームか?.All rights reserved.