賃貸でご近所付き合いする意味とは

賃貸かマイホームか?
賃貸でご近所付き合いをする意味とはいろいろあると言えます。先ず一つに全くの赤の他人同士ですが人間助け合って生きていくものです。遠くの親戚よりも隣の他人の方が頼りになることは多いです。そういう意味では何かの縁ですから深く付き合うというのは必要ないですが最低限、顔見知りになっておくべきです。何かあったときにはじめて助けを求めるというのは頼みづらいものです。普段から常識的な近所付き合いをしていくべきでしょう。

常識的な近所付き合いというのは最近の人では理解できないかもしれません。常識的とは顔を合わせたら挨拶するということや名前くらいは知っておくということです。その際には余りプライベートなことには踏み込まないことが肝心です。世間話に終始することは重要でしょう。また無理に話をしようとしないのも良いです。一言、二言投げかける程度で大丈夫です。もちろん、向こうが話があるような感じであれば耳を傾けるということは必要でしょう。しかし、賃貸ですから廊下で立ち話という形ですのでそれ程話し込む必要はないです。そういうことが苦手という人でも聞き役になれば良いことですので近所の人と意志疎通をしておくのは大切なことです。

注目情報

Copyright (C)2017賃貸かマイホームか?.All rights reserved.